企業の採用審査にて、書類選考に通過するための秘訣

書類選考は、企業の採用試験の第一段階とも言えます。
数多くの書類の中から採用担当者の目に留まる書類を提出しなければなりません。
採用率を上げる為には、書類作成時におけるいくつかのポイントがあります。
まず、書類自体の印象を良くすることが大事です。
文字は、出来るだけ丁寧に書きましょう。
上手でなくても、丁寧に書いてあるかどうかは分かります。
履歴書に貼る写真の印象も大切です。
スピード写真で手軽に撮影するのではなく、写真スタジオで撮影したものを用います。
最近は履歴書用の写真撮影を行ってくれるスタジオもあるので、利用すると良いでしょう。
書類には送り状を添えてクリアファイルに入れます。
もし雨が降っても濡れずに済みますし、丁寧な印象になります。
履歴書における趣味欄は、手を抜かないようにしましょう。
ある意味、自分の人となりをアピール出来る部分です。
単なる羅列にならないように、その趣味から何を得たのか、どの点が好きな理由なのかを書くと効果的です。
履歴書の書式は様々なものがあります。
自分にとって、自己アピールが行いやすいタイプのものを選びます。
資格を沢山持っている人なら資格について書く欄が大きいものを、職歴が沢山ある人なら職歴欄が大きいものを選ぶと良いです。
採用担当者は、送られて来た履歴書から応募者の問題点を探そうとします。
その為、細かいところまで突っ込みを入れられる可能性が大きいです。
たとえば、無職の時期が長い場合は、何故そうなったのかなどの説明を入れることが大事です。
転職回数が多い場合も、それに対する説明を入れるようにします。
面接に行く前段階でマイナスの印象を持たれないよう、出来る限りのフォローを自分で行います。